Trend Micro

ホーム>偽警告

ネット詐欺用語辞典
偽警告

偽の警告画面表示や警告音によって利用者の不安をあおり、迷惑ソフトのインストールや購入、サポート詐欺につながる問合せ先などに誘導する手口のことです。

インターネット広告の1つであるポップアップ広告のなかには、特定のWebサイトの訪問をきっかけとして自動的に広告専用の別画面を表示し、目立たせるものがあります。偽警告は、このしくみを利用し、突然「ウイルスに感染しました」などの警告を表示し、ウイルスの駆除に必要と称して迷惑ソフトをインストールさせようとします。偽のサポート窓口に連絡するよう仕向けるサポート詐欺と連動している場合もあるため注意してください。
通常のネット利用シーンで突然表示されるため、だまされてしまう利用者も少なくありません。
また、利用者に正規の案内と思い込ませるために、OSやセキュリティソフトからの通知を装っている場合もあります。
スマートフォンがターゲットになることもあります。

偽警告例1

図:偽警告によってインストールを促す手口の一例

偽警告例2

図:左、トレンドマイクロ製品を詐称する偽警告の表示例 右、他社製品を詐称する偽警告の表示例

偽警告がでたときの対処方法

パソコンやスマートフォンで見慣れない警告画面が表示されたら、まずは日本語が不自然などの不審な点がないかを冷静に確認してください。

サポートへの連絡を要求されたらネット詐欺を疑い、速やかにブラウザを閉じるとともに、もともとインストールしてあるセキュリティソフトでウイルス検索を行い、パソコンの状態を確認しましょう。
サポート窓口へ相談する場合は、偽警告で表示された連絡先ではなく、必ず、公式のセキュリティソフトのサポート窓口に相談するようにしてください。

上に戻る

PAGE TOP