ご利用は簡単 「あんしんネットアシスト」で  お子さまの安全を守る。 インターネットの使い過ぎを防止 有害サイトへのアクセスを通知・ブロック スマホアプリの利用を監視・通知 帰宅を通知

製品利用に関するご注意

ウイルスバスター for HomeNetwork
ウイルスバスター for Home Networkは、ご家庭のネットワークに接続する機器を外部からの攻撃や有害サイトへのアクセスから防御するホームネットワークセキュリティです。
製品情報・ご購入はこちら

  • 本製品は、セキュリティソフトをインストールできない接続機器を乗っ取りや遠隔操作などから守ったり、有害なサイトへのアクセスを一括で防御したい場合などに有効です。
  • USBメモリや、メールに添付されてくるウイルスなど、ネットワーク上の攻撃でないものやご家庭のネットワーク外での端末ご利用時は本製品の保護対象外となりますので、PCやスマートフォンには従来のセキュリティソフトが必要です。
  • 設定はご家庭のルータに本機をLANケーブルで接続し、スマホに管理用アプリをインストールする必要があります。

お子さまのインターネット利用に、こんな不安はありませんか…?

  • 夜遅くまでインターネットをしていないか…
  • アダルトサイトや出会い系サイトを見ていないか…
  • 危険なアプリや偽アプリを使っていないか…

お子さまの安全なインターネット利用のために、この製品でできること。

お子さまのインターネットの使い過ぎを防止します。
お子さまが利用する機器を指定して、ご家庭のネットワークを経由したインターネット利用について利用可能な時間の制限をかけることができます。
お子さまの有害サイトへのアクセスを通知・ブロックします。
お子さまが「アダルト」や「出会い系」などのWebサイトへアクセスした際に、通知もしくはブロックします。
お子さまがご利用する機器を指定して、ご家庭のネットワークを利用した時に、「アダルト」や「出会い系」など、カテゴリごとのWebサイトへのアクセスを管理用アプリに通知することができます。また、設定によりアクセスを自動的に防ぐこともできます。

お子さまの不適切なスマートフォンアプリの利用を通知します。
お子さまがご利用する機器を指定して、ご家庭のネットワークを利用した時にゲームやソーシャルネットワーキングサービスなどの特定のスマートフォンアプリの利用を通知することができます。スマートフォンアプリの適切な利用についてご家庭での注意喚起に役立てられます。
お子さまの帰宅を通知します。
お子さまがご利用する機器を指定し、その機器がご家庭のネットワークに入った際に管理用アプリで通知を受け取ることができます。あなたが外出していても、お子さまがいつ帰宅したかがわかります。

さらに…

簡単にお使いいただけます。
本製品をご自宅のルーターにLANケーブルで接続し、スマートフォンまたはタブレット1台に管理用のアプリをインストールするだけでご利用いただけます。
スマホだけではありません。
スマートフォンでのインターネット利用だけでなく、携帯ゲーム機などでのインターネット利用も保護することができます。
お子さまの端末には設定不要。
ホームネットワークに接続するお子さまのスマホやゲーム機など、管理の対象となる機器へのアプリやソフトのインストール・設定は、一切不要です。
万が一の場合にも。
本製品のACアダプタやLANケーブルが抜かれた場合にも、管理用のスマートフォン・タブレットに通知されます。

製品情報・ご購入はこちら

  • 本製品は、セキュリティソフトをインストールできない接続機器を乗っ取りや遠隔操作などから守ったり、有害なサイトへのアクセスを一括で防御したい場合などに有効です。
  • USBメモリや、メールに添付されてくるウイルスなど、ネットワーク上の攻撃でないものやご家庭のネットワーク外での端末ご利用時は本製品の保護対象外となりますので、PCやスマートフォンには従来のセキュリティソフトが必要です。
  • 設定はご家庭のルータに本機をLANケーブルで接続し、スマホに管理用アプリをインストールする必要があります。

ご家族のオンラインプライバシーを保護するための7つの簡単なステップ

この記事は、2017年1月27日に、ハフィントンポスト(US版)に投稿された記事です(原文はこちら)。

もうすぐ2017年の最初の月が終わろうとしていますが、ここで新年の抱負について振り返ってみましょう。おそらく多くの方が「より健康的な生活習慣を身に付ける」、「新しい趣味を始める」といった抱負を立てられたのではないかと思います。でも、新年の抱負の重要な1項目としてご家族のプライバシーを掲げている方は何人いるでしょうか。この記事では、1月28日に祝されるData Privacy Dayにちなんで、皆さんやご家族がオンラインで私生活のプライバシーを確実に保護するために行える7つの簡単なステップをご紹介します。

著者:Lynette Owens(Founder and Global Director of Trend Micro's Internet Safety for Kids and Families program. )

7つの簡単なステップ

  1. Step 1
    許可する対象について理解する
    まず、お子様がオンラインで何を行っているか把握したうえで、それを行ってもよい時間、場所、方法についてルールを決めておく必要があります。お子様が勉強や遊びで使っているデバイス、アプリ、およびサイトに関わり、詳しくなり、関心を持つようにしましょう。これらのサイトやアプリがどのように機能するか、これらのツールによってどのような個人情報の収集や追跡が行われるか、そのデータの使用、保存、共有がどのように行われるかについては、従来よりも多くの情報が得られるようになっています。
    お子様が学校の授業で使っているサイトについては、先生に詳細を確認しましょう。お子様がご自宅で使用しているアプリについては、試しに15分間ご自身で使用してみましょう。そして、お子様にもそれらについて尋ねてみましょう。こうすることで、皆さんが関心を持っていることを示せるだけなく、詳しく知りたいという意欲を示すことができます。大半の子供は自分が知っていることを喜んで教えてくれるでしょう。
  2. Step 2
    ブラウザーやデバイスに搭載されているプライバシーの設定および機能を使用する
    子供は、ブラウザー、モバイル機器、またはゲーム機からお気に入りのサイト、アプリ、オンラインサービスにアクセスしようとします。ご家族のために、これらのプラットフォームがどのようなプライバシー保護機能を搭載しているのかを必ず把握しておきましょう。
    多くのブラウザーには、サイトが(主に、ユーザが訪問しそうな他のサイトに関する広告を送信する目的で)ユーザの行為やアクセス先を追跡できないようにする機能が搭載されていますので、時間をとってWebブラウザー(Safari、Chrome、Internet Explorerなど)の設定を確認し、どのようなプライバシー設定のオプションが利用できるのかを見ておきましょう。
    モバイル機器にも、ユーザの現在地をアプリに把握させないようにする設定や、カメラ、マイク、写真、連絡先情報にアクセスさせないようにする設定があります。オンラインでご家族の情報を保護できるように、これらのオプションについて詳しくなり、これらのプライバシー設定をできる限り使用するようにしましょう。
  3. Step 3
    アプリやWebサイト内で提供されている機能やサービスを活用する
    ブラウザーレベルやデバイスレベルでプライバシーの制御機能を設定したら、ご家族が使用する特定のアプリ、Webサイト、ゲームで提供されているプライバシー設定を確認しましょう。Instagram、Snapchat、そして大半の主要なソーシャルネットワーキングサイトでは、非公開 アカウントを持つことができます。非公開アカウントでは、投稿した記事や自分とつながっているユーザに関する情報が一般公開されません。また、ユーザをフォローするには事前にそのユーザの許可を得る必要があります。
    プライバシーを保護するこれらの「壁」の内側でもユーザの行為をさらに保護することを目的としたプライバシーに関するその他のオプションが用意されています。それらについてよく理解しましょう。また、よく利用するサイトでは、Webサイトについて概説した有益な情報もサポート セクションやヘルプ セクションに掲載されており、これらの設定について段階的に説明しています。
  4. Step 4
    お子様と一緒に確認する
    皆さんがこれらの内容について学ぶのは初めてかもしれませんが、それはお子様も同じです。この機会にご家族で一緒に学ばれてはいかがでしょうか。お子様と一緒にプライバシー設定を確認して、オンラインでの行為をできる限り人に知られないようにするためのオプションについて理解させましょう。また、各サービスが提供する最も安全な設定を必ず使用してから、お子様がそのサイト、アプリ、サービスでやりたいことをやらせてあげましょう。
  5. Step 5
    オンラインがプライベートな空間ではないことをお子様に認識させる
    オンラインでは真の意味でプライベートなものは存在しないことを覚えておきましょう。これを頭の片隅に置いておけば、投稿や「いいね!」やクリックしようとしているサイトについて、あるいは、オンラインでつながる相手について熟慮するようになります。
  6. Step 6
    他の家族と話し合う
    オンライン上のプライバシー問題に関する最大の課題の1つが、他の子供や家族が考えている「プライベート」の定義が皆さんと異なるかもしれないということです。お子様が写っている画像を誰かがオンラインで投稿し、かなり時間が経ってからようやくそれに気付いたとしたらどうでしょうか。
    オンラインでお互いのプライバシーにどう配慮するかについて友達と話し合うようにお子様に言いましょう。良い友達であれば理解し、考え、友達の画像や情報を投稿する前に尋ねてくれるようになるでしょう。
    また、プライバシーに関するあなたの考えを他の親に聞いてもらい、彼らの意見も聞いてみましょう。知れば知るほど、お互いのプライバシーについてオンラインでの保護や配慮できることが多くなります。
  7. Step 7
    定期的に確認する
    お子様は成長するにつれて、皆さんの目の届かないところで世間と関わることが増えていきます。これは、オンラインとオフラインの両方について言えます。どちらの場合でも、お子様の生活に関わり、関与し、関心を持ち続けるために最大限の努力をしましょう。
    家族で夕食をとっている時や車に乗っている時に話題として取り上げてもいいでしょう。私のように、InstagramやSnapchatでお子様をフォローしてもいいと思います。

Internet Safety for Kids and Families.
お子さまとご家族に安全なインターネットライフを。

ウイルスバスター for HomeNetwork
初年度は端末代と1年間のサービス費用*合わせて
9,900 円(税込)
今すぐ買う


* 次年度以降もサービス契約の継続をご希望される場合は更新費用として年間6,600円(税込)が必要となります。



  • 本製品は、セキュリティソフトをインストールできない接続機器を乗っ取りや遠隔操作などから守ったり、有害なサイトへのアクセスを一括で防御したい場合などに有効です。
  • USBメモリや、メールに添付されてくるウイルスなど、ネットワーク上の攻撃でないものやご家庭のネットワーク外での端末ご利用時は本製品の保護対象外となりますので、PCやスマートフォンには従来のセキュリティソフトが必要です。
  • 設定はご家庭のルータに本機をLANケーブルで接続し、スマホに管理用アプリをインストールする必要があります。
  • 本製品をお使いになる前に、サービス利用規約を必ずお読みください。アプリインストール時に表示されるサービス利用規約が、本製品の利用に関するお客さまとの契約内容になります。
  • 本製品により可視化される情報および本製品により収集される脅威の情報等の詳細はサービス利用規約上方の「お客さまの端末情報の送信についてのプライバシーポリシー」に記載されています。ご使用前に必ずお読みください。
  • ご購入時には別途送料が必要となります。
  • 本ページ記載の内容は2019年10月1日現在の情報をもとに作成されたものです。今後、価格の変更、仕様の変更、バージョンアップ等により、内容の全部もしくは一部に変更が生じる可能性があります。

トップへ戻る